体験記33【3章 ツインソウルとの出会い】~ この人がツインソウルだと、子宮が知っている

スポンサーリンク
ツインソウル体験記
この記事は約3分で読めます。

 

『今世でのツインソウルとの出会い』についての話の続きです。

前回の話はこちら

体験記32【3章 ツインソウルとの出会い】~ ツインソウルとの最初の出会いは、特別なものではなかった
前回までの話はこちら 運命の人と出会った瞬間に「ビビッと来る」とよく言われています。そのため、ツインソウルに巡り合ったとき 「ほかの人とは違う」 「きっと一緒になるような気がした」 「一目惚れ...

 


 

出会ってからしばらくは、お互いに恋心は芽生えず、その後何度か顔を合わせるうちに、彼はコトノオに思いを寄せるようになりました。そのころから、彼はコトノオに対して、いろいろと世話を焼いてくれるようになります。

コトノオは、人から何かしてもらうのが苦手でしたが、なぜか不思議と、彼から差し出されたものはありがたく受け取ることができました。彼は、親しくなりはじめたときから、コトノオにとって自然に甘えられる存在だったのです。そうした付き合いを続けているうちに、コトノオもだんだんと彼のことが好きになっていました。そして、二人は結ばれます。

付き合っていた当時は、燃えるような激しい恋愛ではなく、どちらかというと、穏やかで平和な、どこにでもあるような、何の変哲もない恋愛でした。

 

スポンサーリンク

 

このように、運命の人であるツインソウルと出会ったとき、ビビッと来るほどではなかったとしても、男性の方は何らかの特別なものを感じるようです。

そして、女性の方は電撃が走る感覚とはまた別の、女性特有の「子宮の感覚」を感じるようです。

コトノオは、彼との付き合いの中で、たった一つ子宮の感覚だけ、ほかの男性との間では感じたことのない特別なものを感じました。

 

それまで、コトノオも人並みに恋愛をし、結婚もしましたが、ツインソウルとの間に感じる子宮の感覚と比べると、ほかの男性との付き合いにおいては、子宮は生きていなかったとはっきりとわかりました。

彼と出会って「子宮が起きた」という感覚が初めて湧いたからです。ツインソウルと体が触れ合うと、子宮が反応しているようでした。

 

ツインソウルと出会ってから、コトノオの子宮はどんどん若返っているかのようでした。それは、毎月の月経の変化にも如実に現れていました。

子宮にこのような反応が現れたのは、子宮がツインソウルの記憶を呼び覚ますスイッチを持っているからだと考えています。

 

 

体験記34につづく

体験記34【3章 ツインソウルとの出会い】~ あなたの子宮はなんと言っていますか?
前回までの話はこちら 私たちの意識には、認識できる顕在意識と、認識できない潜在意識とがあります。潜在意識には魂がこの世に転がり落ちたときの記憶からはじまり、私たちの魂のすべての記憶が刻まれていると言われ...

 


 

この体験記は1章〜7章、全58,000文字で構成されています。

HPでは3章くらいまで順次公開予定ですが、お先に読み進めたい方、最終章まで読みたい方は、noteにてご購入いただけます。

ご購入はこちらから(Twin Soul Storyページ内『前世からの約束』マガジンをお買い求めください)

Twin Soul Story|note
Twin Soul Story ~統合までの軌跡~

 

タイトルとURLをコピーしました