体験記28【2章 前世からの約束】~ 前世物語・別々の人生へ – 再会の約束

スポンサーリンク
ツインソウル体験記
この記事は約3分で読めます。

 

今回の物語は『前世で交わされた再会の約束』の続き(その4)です。

その1

体験記25【2章 前世からの約束】~ 前世物語・前世で交わされた再会の約束
前回までの話はこちら それは、コトノオにとっては、今世の一つ前の前世での出来事でした。時はおそらく明治時代。日本のどこかの小さな町で暮らしている、膝丈の長さの赤い着物を着た女の子。その少女が、コトノオの前世の姿...

その2

体験記26【2章 前世からの約束】~ 前世物語・寂しさを埋めてくれる存在
今回の物語は『前世で交わされた再会の約束』の続き(その2)です。 その1 蔵の前で、いつものように待っていてくれる少年の姿を見ると、心の緊張がゆるみ、自然と笑みがこぼれました。そんな彼女の...

その3

体験記27【2章 前世からの約束】~ 前世物語・幸福な時間
今回の物語は『前世で交わされた再会の約束』の続き(その3)です。 その1 その2 幼馴染の彼は、すべての準備を済ませて、約束の場所で待っていました。 彼が彼女の...

 


 

幼いときから愛し続けたその顔は痩せこけ、深いしわが刻まれていました。もう彼には、笑顔を返す力も残ってはいなかったけれど、彼女はその力ない表情の中に、遠い昔から変わらぬ、優しい笑みを感じていました。

彼は、何度も言葉にならない声で繰り返します。

「置いていってごめん」

そして、だんだんと意識が薄れ、そのまま息を引き取ったのです。夫の頬に、彼女の涙がぽたりぽたりと静かにこぼれ落ちました。

 

夫と死別したのち、彼女は、娘のもとへ身を寄せることになりました。娘の産んだ男の子は、亡き夫ととてもよく似ていました。彼女は、夫のいなくなった余生を彼によく似た孫の成長を見守りながら過ごします。

72歳。彼女は、何かに感染し、肺の苦しみを感じるようになりました。家族がみなやってきて、和室で床に横たわる彼女を囲んでいます。

 

彼女は意識が遠のくなかで、泣いている孫の姿と、落ち着いた様子の娘の姿を眺めていました。そして、最後の息を大きく吸い込むと呼吸を止めました。

彼女の魂は肉体を離れ、部屋の上から家族と自分の姿を見ています。

「もう行かなくちゃ」

 

スポンサーリンク

 

肉体を離れた彼女の魂が、中間生と言われる死後の魂が還る場所にたどり着くと、その入り口に、懐かしい見慣れた姿がありました。夫が迎えに来てくれていたのです。

川べりを一緒に歩いたあの幼い日々のように、彼に手を引かれて魂が向かうところへ進んでいきます。そこにたどり着くと、夫と彼女の魂は一つになり、彼女の内側から彼の声が響きました。

「生まれ変わって体を持ったら、また離れ離れになってしまうけれど、今度も必ず俺が見つけるからね」

そして、一つになった魂は、再び二つに分かれ、別々の人生を歩むことになります。

 

 

体験記29につづく

体験記29【3章 ツインソウルとの出会い】~ ツインソウルと出会う時期は?
前回までの話はこちら もし、今世でツインソウルと出会うとしたら「その出会いはいったいいつなのか?」 出会いの時期を知りたい人も多いと思います。 コトノオは、ツインソウルとの出会いの前に、ある特徴的な...

 


 

この体験記は1章〜7章、全58,000文字で構成されています。

HPでは3章くらいまで順次公開予定ですが、お先に読み進めたい方、最終章まで読みたい方は、noteにてご購入いただけます。

ご購入はこちらから(Twin Soul Storyページ内『前世からの約束』マガジンをお買い求めください)

Twin Soul Story|note
Twin Soul Story ~統合までの軌跡~

 

タイトルとURLをコピーしました