体験記14【2章 前世からの約束】~ 前世物語・魂の分離 – 学びのはじまり

スポンサーリンク
ツインソウル体験記
この記事は約3分で読めます。

 

今回の物語は『前世物語・ツインソウルと魂が一つだった最後の人生』の続き(その3)です。

その1

体験記12【2章 前世からの約束】~ 前世物語・ツインソウルと魂が一つだった最後の人生
前回までの話はこちら 前世物語・ツインソウルと魂が一つだった最後の人生 舞台は紀元前のギリシャ。そこに一人の少年が暮らしていました。白い布を身にまとい、足元ははだしに茶色い革のサンダルを履いています。明るい茶色の髪の毛は、少しカ...

その2

体験記13【2章 前世からの約束】~ 前世物語・学者として生きた人生
今回の物語は『前世物語・ツインソウルと魂が一つだった最後の人生』の続き(その2)です。 幼少のころから、同じ場所で同じ時を過ごした仲間たち。しかし少年は、彼らに仲間という意識が湧くことはありませ...

 


 

病気とは縁がなく、老衰により死を迎えたその日。肉体を離れた彼の魂は、身寄りのない自分を泣きながら看取ってくれた少年の姿を見ながら、天に還っていきました。

 

彼の魂は、中間生と呼ばれる、人生を終えたあとに訪れる、次の人生までの中継地点に向かっていきます。

中間生に到着すると、目の前にまぶしい光を放つ三つの玉が、彼の魂を待っていました。三つの光の玉は、彼の魂に向かって、力強く言い放ちました。

 

「もっと学ばねばならぬ、もっと学ばねばならぬ、もっと学ばねばならぬ」

 

光の玉たちが、そう言い終わると同時に、瞬く間に彼の魂は二つに割られ、コトノオの魂とツインソウルの魂は、別々の場所に飛んでいきました。

 

コトノオとツインソウルの魂の課題に取り組む旅のはじまりです。魂が一つのままでは、無敵すぎて、苦も感じなければ、喜びも感じられません。ただ、淡々と日々をこなすように生きているのでは、魂としての成長もありません。

半分に欠けた魂で生きることで、完璧な魂のときにはわからなかった、寂しさや恐怖などの痛みを経験することができます。そして、痛みを乗り越えることで、喜びや幸せを知ることができるのです。

魂が二つに分かれた今、あなたの魂の半分は、あなたの知らないところで、あなたではできない経験をし、魂の成長を遂げてくれています。

 

この物語では、コトノオとツインソウルの魂が一つだったころの二つの前世を紹介しましたが、エーゲ海での男性兵士の性質はコトノオの魂に、そして、ギリシャでの学者の性質はパートナーであるツインソウルの魂に色濃く受け継がれています。

 

体験記15につづく

体験記15【2章 前世からの約束】~ 魂が二つに分かれた意味
前回までの話はこちら 前回までの体験記ではコトノオとツインソウルの魂が一つだったころの二つの前世を紹介しましたが、このように、ツインソウルと魂を分けた人には「魂一つ時代」が存在します。そして、ツインソウルと魂が...

 


 

この体験記は1章〜7章、全58,000文字で構成されています。

HPでは3章くらいまで順次公開予定ですが、お先に読み進めたい方、最終章まで読みたい方は、noteにてご購入いただけます。

ご購入はこちらから(Twin Soul Storyページ内『前世からの約束』マガジンをお買い求めください)

Twin Soul Story|note
Twin Soul Story ~統合までの軌跡~

 

タイトルとURLをコピーしました