ツインソウルで覚醒が起きる意味とは、魂の課題に取り組むため

スポンサーリンク
ツインソウル
この記事は約3分で読めます。

課題を乗り越えた先に待っていた、ツインソウルとの復縁

課題を終えたころには、ツインソウルとの突然の別離から、一年半が経っていました。

その間、休むことなく走り続けてきたコトノオは、ある日「稼げる女になる」という課題を達成したのに、「まだ、彼に会えない」という事実が差し迫ってきました。

「これまで、死ぬ気で取り組んできたことは、まったく意味がなかったのだろうか。」

そんな思いが頭をよぎると、心と身体が一瞬にして疲労感を感じ始めました。

「もう頑張れない。」

コトノオの体も心も、すっかり疲れきっていました。

すると、思いが通じあう前に感じた体の不調が蘇ってきていました。そしてコトノオは、最後にもう一度だけ、連絡を取ってみることを決めます。

「私が本当にダメならきっと答えてくれる。前もそうだったもの。今は、本当にダメな気がする・・・。」

短いメッセージを打ちながら心臓は爆発しそうでした。「嘘だったらどうしよう。すべて、私の勘違いならどうしようか。」「でも体は間違いないとずっと言っている。」泣きながらメールを送信しました。

彼から返信が届いたのは、その翌日のことでした。「あの時、これは本当にダメだとわかった」と後に彼が話してくれました。

彼からメールを受け取った瞬間、人生の流れが新たに「動き出す」とコトノオは確信しました。

そして、再び彼と接点ができたその10日後に、コトノオはようやく、ずっと待ち続けた彼との再会の日を迎えることができました。

人ごみの中に、久しぶりに目にする彼の姿を見つけると、言いようもない安堵感に包まれて、全身の力が抜けていくようでした。

「もうどんなことがあっても、二度と離れない」

そして二人は、再会の翌日に夫婦となったのです。

スポンサーリンク

霊的覚醒は、現実の問題に対処する力を与えてくれた

魂の課題に取り組むということは、精神世界という自分の内側の世界での成長を想起する人もいるかもしれません。けれど実際には、“現実”という自分の外側で起こっている問題に、肉体を使って立ち向かうことであり、霊的な覚醒は、そうした現実の問題に対処する力を与えてくれました。

コトノオの場合、魂の課題であった“稼げる女になって詩人を囲う”に取り組むきっかけ、そして、そのための行動力や必要な知恵など、すべては霊的な覚醒があったからこそ、得られたものでありました。

  

この記事を読んだ人におすすめ

ツインソウルとの辛い分離から復縁するために必要な試練とは
ツインソウルを実体験を元に全解説! 出会い、特徴、辛いサイレント期間に何が起きるのか

タイトルとURLをコピーしました