縁の話

スポンサーリンク
ツインソウル
この記事は約3分で読めます。

 

私が行動した結果、動かざる得なくなった人たちがいる。

逆に相手が行動した結果、私が動かざるをえなくなったこともある。

 

 

例えば私が

1回目の結婚を解消しようと決意した時には

元夫は当事者として

私の行動に巻き込まれた。

 

例えば私が

今の夫と付き合うことになったから、

当時の夫の彼女は、夫と別れることになった。

 

例えば

以前の職場で上司が新しく人を雇ってから

私への態度が大きく変わった。

 

とかそういう些細なことでも、

人が動くと誰かが巻き込まれる。

 

 

その煽り、

良い影響なこともあるだろうし、

逆に悪い影響がある人もいるだろうけど、

 

影響はプラスだけを受け取ろうとするのは不自然なのかも。

 

 

だけど

 

出会いも別れも負荷にならず、

普段思い出しもしないのに、

あの人のあの話を聞いて気が付いたことが転機となった、

という人がいる。

 

人との縁はあっさり味だったけど

その人がくれた情報が

私の人生を動かすものだった、という感じ。

 

しかも後で気付く。

 

 

逆に、

 

度々とある人のことを思い出しては

自責の念にかられたりするのは、

そもそも良い縁ではない感じがする。

 

最初から、悪縁にならないよう努力してはいたけど、

結果、負荷がかかる関係になったなと。

 

 

ひどい影響を与えあった人で

思い出す人はほんの何人かだけど、

2、3人?

 

縁については度々考える。

 

 

情報をくれた縁は、

わたあめのような縁。

 

食べたかどうかもはっきりしないうちに消え、

相手の人物像も曖昧なまま。

 

だけど情報は今も深く自分自身に根付いている。

 

 

***

 

「このために生きてきて、ようやく今ここにいる」

 

ずっと一緒にいたい、そう願う夫婦の穏やかな毎日を日記に記しています。

 

妻の日記
「ずっと一緒にいたい」そう願う夫婦の穏やかな毎日を日記に記しています。

 

タイトルとURLをコピーしました