わたしはお昼ごはん、夫は晩ごはん。わたしたち夫婦の役割分担

スポンサーリンク
妻の日記
この記事は約4分で読めます。

 

夫は夕方あたりからやる気でるタイプ。

わたしは昼過ぎまでが元気で夜はまったりするタイプ。

 

だからわたしはランチを、

夫は晩御飯を作る。

 

 

私はよくパンランチを作る。

自分で焼いたパンを使う。

パンを焼きだしたのはつい最近。

 

だんだん慣れてきた。

 

 

わたしが仕事をしていた頃は

お昼は買って食べたり外食したりすることが多かった。

今は毎日昼夜を家で作って食べるようになった。

 

仕事を控えめに調整できてきてから、

できる範囲で作ろうかな~

と始めたパン作りとそれを使ったランチ作り。

 

 

パン作りは奥が深くて、

だんだんホームベーカリーで作るだけでは

飽き足らなくなっていった。

といってもまだほんの数ヶ月前に話だけど。

 

ハマりだした頃にコロナ。

毎日作りだして、作ることに慣れた。

 

 

最近は、

生活の中にパンを仕込んで焼く時間を

うまく組み込めるようになってきた。

 

最短でも5時間程度、

長いと2日ほど。

 

 

パンを作るのには時間をやりくりする必要があって

今ではそれも面白いなーと感じるようになった。

仕事してる時にはこれできなかったかもなと思う。

 

ゆったりした生活の象徴的パン作り。

わたしにとっては。

 

 

夫は夜ご飯を作る。

和食か中華が多いけど、パスタも美味しい。

 

 

なんでも丁寧に作る。

定番メニューが豊富で、安定した味。

 

丁寧な性格だから、

毎日食材をちゃんと見て選んで買って、

毎日食べきる分だけ作りたい夫。

 

コロナで買い物をネットスーパーに切り替えてから

それができなくなって残念そうだった。

 

 

解除後はネットスーパーと実際のスーパーと

掛け合わせるようになり、ストレス半減した模様。

 

夫はもともとはご飯は全部家で食べたい人だから、

昼ごはんも家で二人で食べられるようになって喜んでる。

 

 

わたしはあまり食材にこだわるタイプではなかったけど、

というか生活全般に無頓着だったけど

 

夫の食材選びなど観察しながら

ランチの食材もちゃんと選ぶようになってきた。

 

外食とお弁当から比べたら

随分体に良い食事に変わったかも。

 

 

人間万事塞翁が馬。

 

 


 

 

weckを使い始めたら

夫も私も気に入って、

どんどん増殖。

 

ソース類の残りを保存したり

野菜を漬けたり

小さくカットしたバターを入れておいたり。

 

パン作りにも重宝。

何種類も小麦粉を使うので

種類ごとに1000mlに入れて並べたり。

元種を作るのにも便利。

 

温度の変化にも強くて

なんというか、安心できるというか信頼できるというか

ただの保存容器なのに

weckに関してはこんな感想になるから不思議。

 

今では小さいサイズから大きいサイズまで各種揃えてしまった。

 

 

タイトルとURLをコピーしました