オタク心が炸裂してしまうパン作り。サワー種…らしきものを起こしてみる

スポンサーリンク
妻の日記
この記事は約2分で読めます。

 

夫は酸っぱいパンが好きなのだとか。

 

酸っぱいパンはサワー種で焼く、はず。

 

夫はそれがどういうパンかは知らず、

ドイツパンらしいと認識している様子。

 

せっかく酵母起こしてパンを焼いてるので、

夫が好きなパンも焼けたらなと

秋になってからサワー種

・・・らしきものを起こしてみた。

 

 

なんで「らしき」かと言うと

ライ麦と全粒粉と水に、

レーズン酵母液をちょっと加えて作ったから、

それをサワー種って言えるかどうか謎。

違う気もする・・・。

 

要は乳酸菌と酵母、

ダブルで培養できればいいのだろうと勝手に解釈。

 

1度目の結婚でぬか床を育てていた時

乳酸菌発酵をあれやこれや研究したので

思い出して自分なりにやってみた。

 

 

8日ほどかかったけど何かはできた。

 

 

使ってみると

扱いがフルーツの酵母で作る元種と全然違っている。

 

起こしたはいいけど

最近まで「うーん?これでいいの?」なパンの出来。

 

 

研究の結果、

今日は初めて「お!美味しい!」

というサワー種のパンが焼けた。

 

 

3回パンチしたあと

冷蔵庫の一番上段で発酵が進みすぎないようにしたけど

やっぱり早く発酵が進んでしまう。

 

フィンガーチェックして早めに焼きに入ったけど

わずかに過発酵の気配が。

セーフだったけどもっと短い一次発酵なのかな。

 

もうちょい早くていいんだー。

1次発酵の時間要注意。

 

冷蔵庫でまったく発酵を抑えられなかったので、

オーバーナイトはできず。

 

 

オタク心が炸裂してしまうパン作り。

 

 

夫の口に味見用のパンをぽいっと放り込む。

私も食べる。

 

ん!?美味しいね?!

夫も「美味しいね♪」

 

わーい♪

 

 

以前夫が

私が料理する姿を見て

「研究所みたい」って言っていたけど

自分でもそんな感じがして仕方ない。

 

 

何でも始めるとラボ的になってしまう。

 

タイトルとURLをコピーしました