夫の思いがけない幸せな告白

スポンサーリンク
妻の日記
この記事は約4分で読めます。

 

昔から

おしゃべりな自分ってあまりいいイメージがなかった。

 

おしゃべりする自分って嫌だなぁ

話がへたくそだなーって思って

長いこと生きてた。

 

 

だけど今は

お話する仕事をしてる上に、

こないだ夫が、

私の話をただ聞いているだけで幸せな気持ちになる、

と言ったので

ひっくり返るくらい驚いた。

 

 

よく話を聞いてくれるとは思っていたけど

聞いてるだけで幸せに?

まじですか。

びっくりすぎる。

 

 

寝る前にベッドで横になって

私が話をしていると

夫がすーっと寝ちゃうことがよくあるので

興味なかったのかなー・・まいっか、

とか思っていたら、

実は幸せな感じになってリラックスして寝てしまうのだとか。

 

おしゃべりが子守唄のような効果を・・・おおぅ。

 

 

それを聞いてから

なんとなく誰に対してもタブーだった

「私は」という主語から始まる話をできるようになってきた。

夫にちょっと私のこと話してもいいかなーって。

 

おしゃべりは私の中でずっとソーシャルなジャンルのものだったらしく、

パーソナルな会話っていうのはあまり知らなかった。

 

おしゃべり=ソーシャル

なので

自分のおしゃべりが世間一般の感じと違うのが気になってしまい

自分自身でするジャッジが

異常に厳しかったもよう。

 

パーソナルなおしゃべりということを知ってみれば

夫には「私は」から始まる話をしたい気がする。

甘えたいんだな。

 

 

夫の思いがけない幸せな告白。

女心に火がつくわ。

 

 


 

 

トースターで有名なバルミューダが

11月11日にマザーズに上場が決まったと

ニュースで見かけた。

 

バルミューダのトースター、

何度も買うかどうか迷っていて

今のが壊れたら買おうと思っていた。

 

家電業界、国内企業は厳しいニュースが多かったので

マザーズ上場まで漕ぎ着けたのが意外だった。

 

トースターだけじゃない、

いくつものヒット商品があるのでしょうね。

 

高くても売れる、

の代名詞のような会社。

 

安くても求める価値がなければ売れない、

物が溢れかえり飽和状態の世界。

 

高くても自分に合うものを

大事に長く使いたい、

という隠されたニーズに応えていき、

世界でも伸びてくれるといいなー。

 

この加湿器気になる。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました