わたしにだけ特別優しい夫が唯一優しくなれない場所

スポンサーリンク
妻の日記
この記事は約3分で読めます。

 

先日ちょっと遠出してデートした。

 

あっち行こう、

こっち行ってみようと街を歩いてたら、

カップルが行くと後々別れると言われてる某公園に近付く。

 

 

「あ、この先あの公園だ」

と夫。

夫は前からこの公園を警戒している。

 

いつもイギリスのジェントルマンみたいに優しい夫が

公園に差し掛かるとこう言った。

 

「万が一ここで嫁が滑って転んで

公園に転がっていっても

俺は助けられないから、

自分で這い上がってくるんだよ」

 

そう言ってから

申し訳なさそうに握った手をぎゅっとする夫。

 

本当は助けに行きたいけど、

この公園に二人で入っちゃダメだから

急なスパルタスタイルらしい笑

 

私の転げ落ち方の想定にうけつつ

「わかった!」と答えた。

 

 

夫のいいところは

誰にでも優しいわけじゃないとこ。

 

わたしにだけ特別優しい。

(ただし某公園入り口を除く)

 

 


 

 

昔からなぜか緑色と紫色の食べ物を見ると

無条件に美味しそうと感じる。

 

だからスイートポテトも紫芋の方を選んでしまうし、

アイスも抹茶を選びがち。

 

ケーキ屋さんに行くと

数あるケーキの中で

必ずピスタチオの前で一旦止まる。

 

緑の魔力を発揮するピスタチオ。

 

あれこれ手を出したピスタチオものだけど

DEAN & DELUCAのピスタチオクリーム本当に美味しかった。

 

ハード系のパンを薄く切って、

濃いめにトーストして、

ピスタチオのクリームを塗って食べると美味しい。

 

これもジャムほど甘くないのでどんどん食べれてしまう。

いいんだか悪いんだか。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました