ドラマチックな人生の中にある、穏やかな夫婦の日常

スポンサーリンク
妻の日記
この記事は約3分で読めます。

 

人生はドラマチックだが

生活は穏やかに淡々と過ぎていく。

 

夫と一緒に生活を送るのが好きだ。

何気ない毎日を過ごせることが嬉しい。

 

私は朝の方が元気で、

夫は夕方あたりから調子が出てくる。

 

目覚めが悪い夫は

もう長いこと起き抜けにコーヒーを飲む習慣があるようで、

起きると自動的にコーヒーを淹れてくれる。

 

 

毎日の日課。

1日の始まり。

 

 

私は夫と生活するまでまるで生活に興味がなかった。

 

夫は生活が好きだと言う。

最初の頃は生活が好きという意味もちょっとよくわからなかった。

 

 

朝のコーヒーや

夫が作る食事の中の丁寧に切られた野菜や、

ピシッと伸ばされたベッドのシーツなんかを

眺めながら

徐々にその意味を理解していった。

 

 

一つ一つ丁寧にやったら

暮らしはどれほど時間を使うものだろう。

 

代わりに私はとにかく働いていた。

 

 

自営業で、仕事を自分で構築するため、

頭の中がいつも忙しく、

家事はできる限りしない方向だった。

 

外食か買ってきたものを短時間で食べて

外注できることは外注してしまう。

 

夫は何も言わずに、

仕事人間から足を洗おうと画策する私を待ってくれていた。

 

 

時間がかかったけど、

ようやく生活を一緒に楽しめるようになっている。

 

 


 

 

毎日、紙のノートに日記を書いてる。

この万年筆を愛用してる。

 

高価な万年筆を買ってから

コンビニでボールペンを買うことがなくなった。

 

しょっちゅうペンを忘れては

コンビニで買ってたけど、

この万年筆を買ってからは

大事に持ち歩き、

うっかり者の私でも忘れない。

 

毎日使っていると愛着も湧くので

日記を書く動機にもなっている。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ペリカン ボトルインク 4001/76 62.5ml【名入れ不可】
価格:1100円(税込、送料別) (2020/11/8時点)

楽天で購入

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました