わたしのシナモンロール作り

スポンサーリンク
妻の日記
この記事は約4分で読めます。

 

今日は雨だったので終日家で過ごした。

 

昼は海苔巻きとキンパのあいのこみたいなものを作り

二人で食べた。

 

午後はおととい仕込んでおいたパン生地でシナモンロールを作った。

シナモンロールは甘いものが苦手な夫は食べず私用。

 

自分で作るシナモンロールは

ビビりつつ砂糖を入れるので

毎度甘さ控えめになる。

 

お菓子に使う砂糖の量って凄まじくていつまでも慣れない。

 

甘さが控えめだから何個も食べれてしまう。

いいような悪いような。

今日は、2つ食べてあとは冷凍しようと固く決意。

 

 

見栄えがよくできたので、

食べないけど夫に姿を見せる。

 

「上手にできたから見て」

「お、ほんと。売ってるやつみたいだね」

 

夫が毎回言うセリフ。

 

お決まりのセリフにほほんとする。

へへへ。

 

 

最初の頃はパンの成形がド下手だったので

シナモンロールなのに丸くできなかったり。

 

あの頃からだいぶ進歩した。

夫も私の成長を見ながら嬉しそうにしてくれる。

 

明日は夫の好きなチーズの入ったパンを焼こう。

 

 


 

 

パンにチーズを入れ込む時には

ゴーダチーズかチェダーチーズを角切りにして、

できるだけたっぷり入れる。

 

ゴーダチーズだとミルキーで優しい味わいになる。

チェダーチーズだともうちょいチーズの味が際立つ感じ。

 

 

そういえば今は普通にチーズパン焼いてるけど、

昔、まだホームベーカリーでしかパンを焼いたことがなかった時の

大失敗。

 

切ったナチュラルチーズをホームベーカリーに

そのまま投入して何も考えずスタート。

 

焼き上がりの音がしたので開けてみると

あれ?なんか様子がおかしい?

切ってもチーズの姿が見えない。

 

チーズが全部溶けてしまって

めちゃくちゃ脂っこいパンが焼けた。

 

一次発酵の際にナチュラルチーズが全部溶けちゃったらしかった。

 

あれまずかったなー。

 

なんのことはない、パン生地の一次発酵が終わってから、

成形の時に角切りチーズを入れ込めばいいんだと後々知った。

 

 

夫がチーズパン好きなので

無事に焼けるようになって良かった。

 

スライスされてない塊チーズの方がパンには使いやすい。

角切りもできるし、チーズスライサーで薄く削いだりもできるし便利。

 

チーズスライサーは使う人によっては

スイスイ切れないじゃんって思いそうだけど、

私は道具好きなので愛用中。

何しろ薄く削げるのがいい。

 

夫は包丁の方がいいらしい。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニュージーランド レッドチェダー 300g
価格:626円(税込、送料別) (2020/11/2時点)

楽天で購入

 

 

タイトルとURLをコピーしました