道に迷ったときにはこれを見る。夫はわたしの水先案内人

スポンサーリンク
妻の日記
この記事は約3分で読めます。

 

昨日も書いたけど

夫は私を安心させるのがとてもうまい。

 

 

出先で一番驚いたのは

初めて来た場所で目的地への順路がわからなくなった時、

夫がおもむろに太陽と自分たちの影を眺め

 

「あっちが東だから~、地図で言うとこっちだろね」

 

とか言いながら進む方角を導き出して、

本当にそうだったとき。

 

太陽と影と

家で確認していた地図で

東西南北を確認して進む人を初めて見た。

 

こんな人いるんだな、と驚き桃の木。

 

 

いつもやってるようで、

何食わぬ顔で

平然と私の手を取り進む夫。

 

びっくりしたので

「これ迷うといつもやってるの?」

と聞いた。

 

「え?天気が悪いとわからないよ」

と夫。

 

ほとんど道に迷わないので

あまり見られない特技だとあとあとわかった。

 

 

そういえばあれ以来、

ごく自然に

外出時のプランは夫に丸投げになった。

 

どう考えても適任は夫。

 

 


 

 

「誕生日に何か欲しいものある?」

と夫に聞かれたとき

 

返事に困って

「金貨」

と答えたら、

 

「今は金が高値圏だから買い時じゃないね」

と却下された。

 

あらま。

 

「プラチナとかはどうなの?」

と聞くと

 

「プラチナは金よりは工業用の用途がないんだよね。

金だといろんな分野で重宝されるし、

不動の価値があるからね。」

とのこと。

 

へー。

 

そういえばスマホに金が使われてるって昔のニュースで言ってたね。

 

映画なんかで

持ってた金貨を使って急場を凌ぐシーンなんかに憧れていたので

言ってみたけど、

大人の事情で願い通らず。

 

「これでなんとかなりますか?」

と女が袖の奥に隠していた金貨を1枚店主に渡す。

 

あのなんていうのか知らないけど

目に挟む虫眼鏡で金貨を眺めた店主がニヤリ。

「奥にどうぞ」

みたいなやつ。

 

5枚くらい持ってたらなんとかなりそう。

(根拠なし)

 

ちなみに私は価格にめっちゃ無頓着なので

別に高くてもいいんだけど、

夫は相場に厳しい。

 

できればウィーンのがいい。

買い時が来たら買ってもらおう。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2020 オーストリア ウィーン金貨 1オンス(37mmクリアーケース付き) 新品未使用
価格:340570円(税込、送料別) (2020/11/3時点)

楽天で購入

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました