未知との遭遇と夫の役目。こうしてわたしは安心する

スポンサーリンク
妻の日記
この記事は約4分で読めます。

 

今日は夫がでっかいダイソーに行きたいと言うので、

お散歩がてら

小一時間かけてデカダイソーがある駅まで歩いた。

 

デカダイソーのある駅までは、

川沿いの遊歩道が続いていた。

暑くもなく寒くもなく歩きやすかった。

 

 

今日は、一部襟足の髪の毛が跳ねてた私。

近所だしまーいいかと出てきたものの、

たまに思い出して夫に聞く。

 

「変?」

「変じゃないよ、大丈夫」

 

安心させる役の夫。

大して気にしてないけど

後押しを得て

気を取り直して歩く私。

 

こうして

私は気ままに考え事したり

思ったこと話したり。

それにおっとり反応する夫。

 

散歩時間はいつものんびりおっとり平和に過ぎていく。

 

 

散歩途中に

でっかい丸いガスタンクを発見。

巨大なタンクが数個並んでいた。

 

「すごい圧力がかかってそうで、これ見るといつもおっかないなー」

と私が言うと、

 

「ガスはごく少ない圧力で液化するから、そんなにすごい圧力じゃないよ。

ライターもあの中身液化ガスなんだけど、圧力大したことないのわかるでしょう?」

と、再び安心させる役の夫。

 

「あ、ライター、確かに圧力感じないね」

と安心する私。

 

・・・っていうかガスの液化情報を知ってることに驚く。

 

「・・そんなこといつ知ったの?」

「え?みんな知ってるんじゃないかな。20代だったかな~」

とおっとり。

 

 

そうこうしてる間にデカダイソーに到着。

夫は工具とか家の用事を済ませるために

必要な小道具を見ていた。

でっかいダイソーには100円じゃない物があるらしい。

何個か200円の物を買っていた。

 

 

帰り道には

今回買った200円のノコギリが

「おしのこ=押す時に木が削れる」

であることを教えてくれて、

「最近はひきのこばっかりなんだよな」

と言っていた。

 

おしのこってのがあるのか、と思った私。

 

そういえば小学校か中学校か

木工道具?を買わされたけど

そこに入ってるのは「ひきのこ」で

引く時に削れることを教えられて練習したような?

 

 

ひきのことおしのこ、

我が家にどっちののこも揃った日。

 

私は感覚の話を、夫は物質の話を、交換タイムな散歩道。

しょっちゅう、未知との遭遇。

 

 


 

 

日本では許可されていない製法で作られている

ドイツのノンアルコールビール、

ヴェリタスブロイ ピュアアンドフリー。長いね。

 

日本では規制があって

ビールからアルコールを取り除いたノンアルコールビールは作れない。

 

夫いわく、味が全然違うのだとか。

気に入ってしょっちゅう飲んでる夫。

 

以前、通販でケース買いしたら

本当に美味しいらしくて

数日で飲みきってしまった。

 

家にあるとめっちゃ飲んじゃうので

散歩途中、

このビールが売ってる店があると1本買う、

みたいな作戦に変更。

 

散歩しながらビール飲んで歩いて、

自由を感じているもよう。

 

気分って大事だね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました